DNA切断の修復を手軽に評価したい

白血病細胞はゲノム損傷が多いのか?

研究内容概要
白血病・リンパ腫等の造血器腫瘍をはじめとしたがんは複数の遺伝子異常により起こることが明らかにされている。それらの遺伝子異常はゲノムDNAにおいて転座・欠失・増幅・点突然変異の4種類ある変化によりもたらされる。そのうち3つにはDNA二重鎖切断を伴う。

ゲノムDNA二重鎖切断は、様々な環境因子 ・がん治療等によりもたらされ、生体はそれを速やかに修復する機能を備えている。これまで明らかになっている一部の修復に関わる遺伝子において、その異常を持つ個体はがん発生頻度が高いことが知られている。

DNA二重鎖切断の修復には多くの遺伝子が関与しており、どの遺伝子異常によっても修復能の低下を来しうる。

この修復能を評価する簡便な方法を開発し、がん高リスク個体の同定に応用する。

また白血病患者における腫瘍細胞やがん幹細胞にはDNA損傷が増えているのかを検証する。

ゲノムDNA切断と修復の機能評価方法
1.放射線によるゲノムDNA障害形成とその修復過程の評価
ヒト末梢血より白血球を分離し、これに対して放射線照射する.その後発生するDNA二重鎖切断特異的なマーカーを用いて、簡便な方法で検出する方法を開発し、健常人やがん患者の血液を使いDNA修復能を評価する。

2.造血器腫瘍におけるDNA障害の検出
白血病などの造血器腫瘍患者においてDNA障害が増加しているかを検出し、疾患の種類や予後との関連を検討する。

201301221604_1.jpg

メンバー
研究代表者:鈴川 和己
メンバー:日置 咲奈