新病棟「けやき棟」

2012年末に新病棟「けやき棟」が竣工し、血液内科の全ての病床が新病棟に移行しました。新病棟の6階東病棟は「無菌病棟」となっており、病棟全体がクリーンルーム仕様です。そのうち6部屋が主に造血幹細胞移植に使用される、高度のクリーンルーム(ISO クラス5)です。
無菌病棟の全30床のうち,24床は個室で、入院患者さん方のプライバシーに配慮しています。また患者さんにリラックスして治療を受けて頂けるよう、病棟は木目を基調とした落ち着いた雰囲気で、開放的な造りになっています。
51_ext_09_0.jpg
けやき棟の全景

51_ext_09_1.jpg
けやき棟の正面玄関です。赤いポストがアクセントになっています。

51_ext_09_2.jpg
明るく開放的なけやき棟ロビーです。

51_ext_09_3.jpg
無菌病棟はけやき棟6階東です。病棟全体がクリーンルーム仕様です。
スタッフステーションも開放的です。

51_ext_09_4.jpg
病室(個室)です。

51_ext_09_5.jpg
無菌病棟で最も広い病室(個室)です。

51_ext_09_6.jpg
筑波山が綺麗に見える病室もあります。

51_ext_09_7.jpg
造血幹細胞移植を行う病室です.感染のリスクを下げるため,常に清浄な空気が流れています(ISO クラス5).この病室では高度で最新の移植医療を行いますが,部屋は木目を基調に広々としていて,リラックスした雰囲気で治療にのぞんで頂けます。

51_ext_09_8.jpg
移植病室からの眺め.遠くに H-Ⅱ型ロケットも見えます。