• トップ
  • 研究内容
  • 造血器腫瘍及び固形腫瘍におけるゲノムおよびエピゲノム異常の網羅的解析

造血器腫瘍及び固形腫瘍におけるゲノムおよびエピゲノム異常の網羅的解析

今回筑波大学血液内科では、「造血器腫瘍及び固形腫瘍におけるゲノムおよびエピゲノム異常の網羅的解析」研究を行っております。
 
(注)造血器腫瘍とは「血液のがん」のことで、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など形質細胞腫瘍、骨髄異形成症候群、骨髄増殖性腫瘍、およびこれらとの区別が難しいことのある疾患(再生不良性貧血や特発性血小板減少性紫斑病など)を含みます。
   
方法
*遺伝子解析
 
研究代表者 医学医療系血液内科 教授 千葉滋
 
共同研究者
日立総合病院(品川 篤司)
水戸医療センター(米野 琢哉)
茨城県立中央病院(大越 靖)
土浦協同病院(清水 誠一)
筑波記念病院(長澤 俊郎)
牛久愛和総合病院(瀬口 雅人)
つくばセントラル病院(横山 泰久)
JAとりで総合医療センター(伊藤 孝美)
筑波大学医学医療系遺伝医学研究室(野口 恵美子)
東京大学先端科学技術研究センター(油谷 浩幸・永江 玄太)
広島大学原爆放射線医科学研究所がん分子病態研究分野(稲葉 俊哉)
獨協医科大学越谷病院糖尿病内分泌・血液内科(岡村 隆光) 
災害医療センター血液内科(関口 直宏)
亀田総合病院血液・腫瘍内科(末永 孝生)
NTT東日本関東病院血液内科(臼杵 憲祐・半下石 明)
東京慈恵会医科大学腫瘍・血液内科(矢萩 裕一)
杏林大学医学部第二内科(高山 信之)
帝京大学医学部附属病院血液内科(白藤 尚毅・松尾 琢二)
島根大学医学部附属病院腫瘍センター腫瘍・血液内科(鈴宮 淳司)
新潟県立中央病院血液内科(永井 孝一)
自治医科大学内科学講座血液学部門(神田 善伸)
永寿総合病院血液内科(萩原 政夫)
筑波大学医学医療系消化器内科(兵頭 一之介)
筑波大学附属病院検査部(南木 融)
京都大学腫瘍生物学講座(小川 誠司)
国立病院機構名古屋医療センター臨床研究センター高度診断研究部(眞田 昌)
筑波大学医学医療系病理診断(野口 雅之)
筑波大学附属病院脳神経外科(高野 晋吾)
東京大学医科学研究所分子療法分野(東條 有伸)
筑波大学医学医療系小児内科(八牧 愉二)
 
上記の共同研究施設のうち、以下の施設には、患者さんからいただいた試料から調整したDNAなどを送り、解析支援をいただく場合があります。この際、お名前、生年月日、病院のID番号など、容易に個人を識別できる情報は送りません。 

東京大学先端科学技術研究センター
広島大学原爆放射線医科学研究所がん分子病態研究分野
京都大学腫瘍生物学講座
国立病院機構名古屋医療センター臨床研究センター高度診断研究部
東京大学医科学研究所分子療法分野
 
保有する個人情報に関する利用目的
 筑波大学血液内科で診療された白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など形質細胞性腫瘍、骨髄異形成症候群、骨髄増殖性腫瘍、およびこれらとの区別が難しいことのある疾患(再生不良性貧血や特発性血小板減少性紫斑病など)、あるいは一部の固形腫瘍の患者さんから診療のために採取され保存されている検体について、研究に必要な範囲で、診断・治療に関する診療情報とともに使用させていただきます。共同研究施設とは、個人が特定できないように、匿名化した番号でやりとりいたします。提供者や代諾者から同意をいただいて使用する検体は、どなたのものか照合できるようにして使用(連結可能匿名化)し、説明の機会がなかった検体は、どなたのものか照合できないようにして使用(連結不可能匿名化)します。連結可能匿名化している場合でも、研究の結果自体は現段階では意義付けがわからないために、問い合わせいただいた場合にもお教えいたしません。
 
「造血器腫瘍及び固形腫瘍におけるゲノムおよびエピゲノム異常の網羅的解析」にあたっては、必ず患者さんから文書で同意をいただいてから保存しています。ただ、解析を依頼する施設として新たに加わっている共同研究施設があります。一部の患者さんにつきましては、同意をいただいた時点では解析を依頼する施設として加わっていなかった施設が、新たに加わっている可能性があります。これらをご理解いただいた上で、いったん本研究に同意をいただいた場合でも、同意を撤回なさりたい場合には、下記までご連絡をお願い申し上げます。また、その他のお問い合わせについても下記連絡先までご連絡ください。
 
連絡先
 医学医療系血液内科 准教授 坂田麻実子
  029-853-3127